お葬式に呼ばれた場合

>

喪服で参列するのがマナー

喪服を着る男性とは

前もって喪服を用意しておくことをおすすめします。
それなら、急にお葬式に呼ばれた時も対応できます。
お葬式の際は、喪服を着用すると決められています。
そのマナーをしっかり守ってください。
喪服がないからと言って、カジュアルな服で参列すると故人にも、遺族に対しても失礼になります。

マナーを守らないと、故人が安心して眠ることができません。
自分にふさわしい喪服を用意しておきましょう。
学生は喪服ではなく、学生服を着用することが多いです。
制服がある学校に通っているなら、制服を着て参列してください。
スーツを着用するのは制服がない学校に通っている男子か、学校をすでに卒業した男性になります。
社会人になったら、喪服を購入しておきましょう。

クリーニングに出しておく

以前喪服を着用してそのままになっていたら、今度お葬式に行く前に必ずクリーニングに出してください。
喪服を着ていても、汚れていた場合は周囲に悪印象を与えてしまいます。
シャツも、シワが付いていないものを選択してください。
汚れている服を、お葬式で着ないように心がけましょう。
男性は、頭髪にも注意してください。
前髪が伸びている場合は、お葬式までに切ってください。

長過ぎる髪は、厳粛な儀式の場にふさわしくありません。
寝ぐせが付いている状態で、参列しないように注意しましょう。
爪も伸びている場合は切るのがおすすめです。
自分の身だしなみが整っているのか、確認してから家を出てください。
真面目に参加することで、故人が安らかに眠ることができます。