お葬式に呼ばれた場合

>

カジュアルに見えない服

襟がついているシャツやブラウス

子供は特に服装の決まりがありませんが、楽な服装は避けてください。
それでは周囲から、マナー違反に思われてしまいます。
子供の服に問題があると、親に問題があると判断されます。
人間関係の悪化に繋がるので、きちんとした服を着させてください。
お葬式におすすめなのは、襟付きのシャツやブラウスです。

カジュアルに見えないので、冠婚葬祭の場にふさわしいでしょう。
蝶ネクタイやリボンをすると、さらにかしこまって見えます。
靴は、革靴を履かせると良いですね。
子供は慣れていないと革靴を嫌がるかもしれませんが、スニーカーはふさわしくありません。
素直に革靴を履いてくれるように、普段から時々履かせると良いですね。
すると慣れると思います。

派手な色は避けよう

赤や黄色、白など派手な色の服は避けてください。
お葬式に参列させるなら、できれば黒を選択してください。
どうしても黒の服がない場合は、ネイビーや深いグリーンでも構いません。
黒に近い色を着させてください。
キャラクターの絵が大きくついている服も、避けた方が良いです。
どうしても子供が襟付きの服を着てくれない場合は、お葬式が始まる直前に着替えさせると良いですね。

それまでは、好きな服を着させてください。
すると子供は満足するので、襟付きの服を着てくれることが多いです。
窮屈であることが嫌で、子供は着たくないというかもしれません。
それなら、お葬式が終わったらすぐ脱がせましょう。
着る時間が短いなら、子供もガマンしてくれると思います。